放射線管理製品
Home > 製品 > 放射線管理製品

「放射線管理製品」とは

防護服

原子力発電所や研究所などの放射線管理を行う為に必要な資材です。

放射性物質を扱う施設では原子炉等規制法に基づき様々な管理を行っています。東北地方太平洋沖地震(2011年3月11日)に伴い福島第一原子力発電所において発生した大事故を契機に法改正され大きく変わっています。
各施設においても運用の見直しがされておりますが、その中でも人間およびその環境を、放射線被曝や放射性物質による汚染から防護する放射線防護に特化し製品を展開しています。

他社製品とはここが違います

防護服続服

当社にてご提案する製品は従来の製品では解決できなかった問題点を改善する事を課題とし進めてきた製品です。例えば被水服において「耐水」と「透湿」は相反する性質なので両方の性能を持たせることは困難でした。こういった点を解決し透湿耐水性の生地を使用した製品をご提案する事で作業現場における熱中症のリスクを回避し安全に作業する事が可能になります。
また、使用する状況に比べ製品がオーバースペックになっている事も多いようです。現場にあった製品を使う事が作業環境の改善やコストダウンにつながります。お困りの事がありましたら当社へご相談ください。お客様へあった製品をご提案いたします。